<スポンサードリンク>


2011年05月30日

奨学金の給付や貸与

奨学金の支給条件は高校や短大、専修学校などによって多少の基準は変わってきます。
ただし、全てにおいて共通な事は
・学力
・家庭の経済状態
・人物       
 
上記3点が必須の審査基準となっています。
経済的な問題がある場合だけでなく、特別優秀な学生などには奨学金の給付が行われる事もあります。
奨学金の給付や貸与によって学費や生活費などの経済的負担が減り、集中して勉強が出来る環境を作るという事も目的の1つになっています。

たとえば、大学進学の為に
@第一種奨学金制度(無利息)へ申し込む場合
・1年生から申込時の成績が平均値3.5以上、
・家計を支えている人の収入金額 

上記の項目が判断基準としてあげられます。

A第二種奨学金制度の場合は
・申込み前の学力が平均以上である人
・特定の分野での能力が高いと認められた人
・大学に入り勉学に打ち込み確実に修了できると判断された人

この学力の条件と家計を支える人の収入金額によって、支給が可能かどうかの判断がされます。



・・・・

<スポンサードリンク>



posted by SCHOLAR at 09:35| 奨学金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。