<スポンサードリンク>


2011年05月30日

奨学金とは

奨学金とは能力や学力は充分あるにもかかわらず、金銭的、経済的な事情により進学が困難な学生に対し、学費や生活費の援助を行う制度になっています。
そして「奨学金制度」という言葉も良く聞きます。


これ買ってみました。オススメです。クリックすると画像が大きくなります。


しかし、一体どのような制度でどんな人が対象となるのか分からない人も多くいる事でしょう。
奨学金の申込みは在学している学校を通じて行われます。そこで支給が可能かどうかの選考が行われ、採否が決定する仕組みになっています。
母子家庭や経済的に進学したくても出来ない子供達にも平等な勉学の機会が与えられるようにと考えられた制度です。

「給付」と呼ばれている奨学金は将来有望な人材として社会に貢献出来ると判断された学生に給付され、返還の義務はありません。
「貸与」と呼ばれる奨学金は、卒業後には返還する必要があります。
「貸与給付金」は返還したお金を次の学生に貸与していくことで成り立っています。ですから必ず返還して次の人へ繋げるようにする事が大切です。

「貸与給付金」は安易に申し込みをせず、卒業後の事も考える必要があります。


・・・・
posted by SCHOLAR at 09:41| 奨学金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奨学金の給付や貸与

奨学金の支給条件は高校や短大、専修学校などによって多少の基準は変わってきます。
ただし、全てにおいて共通な事は
・学力
・家庭の経済状態
・人物       
 
上記3点が必須の審査基準となっています。
経済的な問題がある場合だけでなく、特別優秀な学生などには奨学金の給付が行われる事もあります。
奨学金の給付や貸与によって学費や生活費などの経済的負担が減り、集中して勉強が出来る環境を作るという事も目的の1つになっています。

たとえば、大学進学の為に
@第一種奨学金制度(無利息)へ申し込む場合
・1年生から申込時の成績が平均値3.5以上、
・家計を支えている人の収入金額 

上記の項目が判断基準としてあげられます。

A第二種奨学金制度の場合は
・申込み前の学力が平均以上である人
・特定の分野での能力が高いと認められた人
・大学に入り勉学に打ち込み確実に修了できると判断された人

この学力の条件と家計を支える人の収入金額によって、支給が可能かどうかの判断がされます。



・・・・

<スポンサードリンク>



posted by SCHOLAR at 09:35| 奨学金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

奨学金と支給条件に関して

奨学金と支給条件に関してですが、収入に関する提出書類としては、源泉徴収票や確定申告書、所得証明書などがあります。
また、学校が指定した書類を用意する必要があります。
奨学金には様々な種類がありますが、一般的に知られていて多くの学生が利用しているのは「日本学生支援機構」がありますね。、

奨学金制度を行っている機関は様々あります。
しかしながら貸与の審査基準が厳しい場合も多く、必ず制度が利用できる訳ではありません。
また、学生の学力の高さや健康状態なども厳しい審査基準となっており、書類の提出も多く、世帯収入も公的証書で提出しなければなりません。
手続きは学校を通じて行われる事が多く、その際に連帯保証人が必要になります。
また、留年してしまった場合などの学費は支給されず、結局辞めてしまうという人も多くいます。
ですから保護者ではなく学生本人が借りると言うことを忘れずにしっかりと勉学に励むことが大切です。

奨学金制度はとても助かる制度として、多くの学生が利用し、勉学に勤しんでいますが、卒業後の返済などを良く考えて決める事が大切です。



//////

<スポンサードリンク>



posted by SCHOLAR at 09:33| 奨学金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。